コラム2 ナヴィゲーション用具の利用は難しい

まず、前回のコラムの訂正とお詫びをしなければなりません。前回コラムでは、狂ったコンパスとして「180度反転してしまったコンパス」「3度ほど角度がずれているコンパス」の二つを紹介しました。問題はその写真です。この写真が逆転していたのです(現在は修正されています)。たぶん、多くの皆さんはこのことに気づかれたと思いますが。

 

本会のサイトは、事務を引き受けているIさんが作っています。彼女は世界選手権では4ヶ月にわたり各種事務仕事を引き受けたものの、オリエンテーリング経験も登山経験もなし。地図やナヴィゲーション用具に関してはまったくの素人なのです。その彼女が、「どっちの写真がどちらの例だろう?」と散々考えた結果が、写真の逆転でした。html化を依頼した私は、3度のほうはちょっとみにくいが、180度反転の写真はコンパスが二つ写っており、右のコンパスは赤い針が、左のコンパスはNとSははっきり見えるだろう。そうすればこれが反転したものだと容易に分かるだろう、と考えたのですが、結果はそうはならなかったということです。

 

Iさんは、日常の事務作業ではむしろ超有能な女性です。その彼女が犯したミス。私たちは、ナヴィゲーション指導の時つい「磁石の赤が北。簡単!でしょ!」と指導してしまいますが、ことはそれほど簡単ではないようです。図らずも、ナヴィゲーション用具の使い方の難しさを浮き彫りにしてくれました。

 

 

2月24日、25日はお問合せやお申込みへの返信をお休みさせていただきます。ご了承ください。

NPO法人Map, Navigation and Orienteering Promotion

 オリエンテーリング世界選手権の日本代表経験者、アウトドア関係者らが、アウトドア活動に欠かせない地図・ナヴィゲーション技術の普及、アウトドアの安全のために設立したNPO法人です。

活動をサポートして下さる方を募集しています

2015年3月のシンポジウムのプログラムと村越の発表資料を掲載しております。

初心者に最適なコンパス、マイクロレーサー