M-nopコラム

ナヴィゲーションの伝道師、村越真による日々ナヴィゲーションコラム。

バックナンバーは右から、タイトル一覧は下部をご覧ください。

最新コラム

2020年

8月

09日

コラム145:コロナ感染リスクと所得水準

 3月に、コロナウイルスの感染が広がりつつあるころ、23区の新型コロナウイルスの感染数の地域的偏りが気になっていた。港区とか杉並区とか、なんか裕福な場所で発生が多くないかな?バイアスの掛かった予測で申し訳ないが、多そうな下町地区の発生も当時はほとんどなかった。最近別件で、区ごとの感染数を調べたついでに区民一人あたりの所得との関連を検討してみた。区ごとの感染者数も10万人あたりの発生数も公表されている。別途、区民ひとりあたりの所得も簡単に入手できた。

 

 二つの変数の間に(直線的)関連があるかどうかの指標である相関係数を算出するとr=0.335で、意外と低いなあ、という印象。相関係数は1が最大値で、0の場合は無相関(関連がない)、一般的には0.4を越えると中程度の相関と呼ぶ。それに達しない訳だ。

 

 散布図(図参照)を描いてみると、所得と感染数の直線的な関係から外れる値(外れ値)が一つある。所得に鑑みて異様に感染者数/対人口が多いのだ。お察しの通り新宿区である。歌舞伎町を有する新宿区は、緊急事態宣言解除後、いわゆる「夜の街」の感染が多発していた。別の要因が働いている可能性がある。

 

 そこで新宿区を除いて22区で相関係数を計算すると、r=.713となった。一般的に強い相関がある、という値だ。データの種類にもよるが、研究者はこれくらいの相関が出たら結構嬉しい。所得は感染数を50%くらい説明していることになる。

 

 こうしたデータから、その背後にあるメカニズムを推測するのは研究者の習性だ。さっそくFBにアップすると、アメリカに在住する知人が「アメリカとは逆だ」というのだ。アメリカでは、所得が低いほど感染が多いらしい。確かに所得が低ければ衛生状態が悪かったり、衛生観念が低かったり、医療的対応を受けにくかったりするだろう。ではなぜ逆か?

 

 私の推論はこうだ。このデータは7月初期のものなので、まだ第二波の影響は大きくない第一波の影響下にあるデータだ。第一波では基本的には感染は海外由来だ。海外に出かけ、そこで濃厚な接触をする層は比較的所得は高いだろう。また海外からの渡航者と濃厚な接触があるのも、比較的社会的な階層の高い層だと考えられる。結果として、比較的所得の高い層の感染が多く、結果として所得と感染数の相関が高くなった。

 

 もう一つの要因は、コロナウイルスの感染力があまり強くないことかもしれない。物理的接触は、大都会なら所得階層間でも発生するだろう。しかし、会食や対話といった濃厚接触は仕事仲間にしろ趣味仲間にしろ、思っている以上に社会階層に制約されているのかもしれない。結果として同一の社会階層には広まり易くても、それ以外の階層には広がりにくい。結果として、所得と感染の関係が維持される。

 

 3月ごろ、密度が高いことからパチンコがやり玉に挙がっていたが、私はおそらくパチンコでは感染は当面ないだろうと思っていた。まず会話がないこと。そしてコロナを持ち込んだ社会階層との接触が少ないと考えられること。今のところ、パチンコでクラスターが発生したというニュースはないので、あながち、その推論は間違っていなかったのだろう。

 

 ソーシャル・ディスタンシングが問題になるということは、社会行動が感染の重要な要因になっているということだ。だとすれば感染防止策には人文社会学者の出番があるはずだ。専門家会議では経済学者は採用されているが、残念ながら社会心理学者や行動科学者は採用されていない。オールジャパンで立ち向かうなら、人文の知も活用したいところだと、我田引水ながら思う。

コラム一覧

no.145 コロナ感染リスクと所得水準 New!!

no.144 リスクに対応する言葉

no.143 ツールの特性を知る

no.142 地図が読めれば生き残れる!? 

no.141 時代

no.140 Control your destiny, or someone else will

no.139 自然の中のリスクに備える

no.138 コースプランニング

no.137 若者の自然回帰

no.136 台風のさなか、走りに行こう!

no.135 台風のさなか、山にでかけよう!

no.134 Control your destiny, or someone else will

no.133 南極観測に地図は必要か?

no.132 世界最難関ロンドンのタクシー運転手試験

no.131 山のお約束

no.130 ゴールデンウィークは東京へ

no.129 那須岳雪崩遭難に思う

no.128 山岳救助有料化に思う

no.127 脳の仕組みと方向感覚

no.126 データベースの威力

no.125 橘樹今昔物語 

no.124 コンパスは飾りじゃない!

no.123 太陽が西から上がって東に向かう?

no.122 人事を尽くして天命を待つ

no.121 今、山のグレーディングが熱い! 

no.120 見えていない世界

no.119 後悔 

no.118 組み体操

no.117 通俗心理学の罠

no.116 古地図で蘇る東京

no.115 階層的規律は登山隊の成功につながるか?

no.114 精緻な数値情報は正しい危険評価に貢献するか?

no.113 山のグレーディング

no.112 リスクマネージメントとナヴィゲーションの発想

no.111 GPSスマホの落とし穴

no.110 地図の抽象性

no.109 道迷いシンポジウム 

no.108 ナヴィゲーションのファンタジスタ

no.107 登山届け義務化に反対する

no.106 ノーベル賞

no.105 安全と教育意義のジレンマ

no.104 リスクは誰にでも顕在化しうる

no.103 子どもの学び

no.102 江戸の近郷 

no.101 山岳雑誌に見るリスクマネジメント・道迷い遭難

no.100 今昔物語

no.99 城南地形萌えラン

no.98 ナチュラル・ナビゲーション

no.97 地図を使わない・・・:学校の自然体験

no.96 ドクタージェネラル

no.95 ナヴィゲーションを支える身体知

no.94 リスクマネージメントとナヴィゲーションの発想

no.93 拡張現実

no.92 空間認知心理学の進歩

no.91 研修の楽しみ

no.90 ナヴィゲーターの難しさ

no.89 地図は邪魔者

no.88 暗黙知としての地図読み

no.87 クイックOの可能性

no.86 冬山でのナヴィゲーション(2012/3/20)

no.85 はやぶさ

no.84 ナヴィゲーションスポーツで脳も体も健康に!

no.83 ナヴィゲーション・スポーツというコンセプト

no.82 反事実的思考 

no.81 山岳遭難の現状2011

no.80 登山に地図を生かすには?

no.79 できる人は地図思考

no.78 時には悪天候も悪くない

no.77 赤色立体図はすごい

no.76 ナヴィゲーションへの組織的な動き 

no.75 生きて帰る 

no.74 現在地が分からない

no.73 折り紙の地形

no.72 緊急特集:道迷い遭難

no.71 読めないふり

no.70 女は地図が読めないか?

no.69 GPS vs 地図読み

no.68 ブラッシュアップ

no.67 学習登山 

no.66 大人はなぜつまづくのか? 

no.65 読図を教える

no.64 ゆらぐ

no.63 高まる読図への関心

no.62 富士山アウトドアマップⅡ

no.61 地形萌え

no.60 読図力とその自己評価

no.59 中高年遭難という言説

no.58 2008全国遭難対策協議会に参加して

no.57 死者は語る

no.56 あらためて知るコンパスの効用

no.55 地図屋の気概(3)

no.54 地図屋の気概(2)

no.53 コンパスをテストする

no.52 広がる読図講習会

no.51 今年もセンター入試:1/21

no.50 07年を振り返って

no.49 ナヴィゲーション・マスター

no.48 女性セブン

no.47 地図屋の気概

no.46 読図講習会で学んだこと 

no.45 ショップと共催の読図講習会

no.44 地図に訊け!

no.43 ハザードマップ実験をして

no.42 「考える力つく」地図帳

no.41 ロゲイン

no.40 尾根・谷を区別する 

no.39 地図から分かること 

no.38 センター入試再び

no.37 専門調査委員会に出席して

no.36 読図・ナヴィゲーションへの関心

no.35 冬眠

no.34 乗り過ごす

no.33 教育にオリエンテーリングを

no.32 地図物語

no.31 有度山ロゲイン

no.30 ブラックアウト再び

no.29 アウトドアショップの意気込み

no.28 危うく道迷い

no.27 海外遭難事情

no.26 地図で迷う

no.25 傾斜の感覚

no.24 実践の発想

no.23 『キルプの軍団』 

no.22 シルバの新しいコンパス 

no.21 香港でのハイキング  

no.20 地図を見る様々な視点 

no.19 ナヴィゲーションで「失敗学」しよう

no.18 被験者になる

no.17 定位を失う

no.16 地図という比喩

no.15 センター試験

no.14 GPSは役立つか

no.13 コンパスの使用説明書

no.12 読図講習会を行って

no.11 読み書きそろばん、ナヴィゲーション

no.10 ブラックアウト

no.9  方向音痴の人と街を歩く

no.8  ナヴィゲーションの生態学

no.7  究極のアウトドアマップ

no.6  地図への関心

no.5  あきれたガイドマップ

no.4  地図のアイデア商品

no.3  人はアウトドアで正しく地図を使えるか?

no.2  ナヴィゲーション用具の利用は難しい

no.1  狂ったコンパス 

NPO法人Map, Navigation and Orienteering Promotion

 オリエンテーリング世界選手権の日本代表経験者、アウトドア関係者らが、アウトドア活動に欠かせない地図・ナヴィゲーション技術の普及、アウトドアの安全のために設立したNPO法人です。

活動をサポートして下さる方を募集しています

2015年3月のシンポジウムのプログラムと村越の発表資料を掲載しております。

初心者に最適なコンパス、マイクロレーサー