コラム100 今昔物語

 前回紹介した古い地図を使ったロゲイニング「世田谷今昔物語」に参加した。
 自分で準備すると、どうしても現代の地図と見比べざるを得ない。今回は純粋な参加者なので、初見でのナヴィゲーションになる。数十万円も出して でかけるヨーロッパ気分が、たった1万円で味わえるのだ。知らず知らずのうちにわくわくしてしまう。大変な行事の多い一週間だったが、この日を励 みに乗り切ったようなものだ。


 大会を控えて、できるだけ現代の地図を見ないようにしていたが、バス・電車もありということで、さすがに幹線道路くらいわからないとどうしよう もないと思って、ちら見した。東名高速が通っていることだけは頭の中に入れておいた。提供されたのは昭和初期の地図。多摩川南側の丘陵はまったく 造成のされていない里山で、多摩川北側も、このエリアはまだほとんど市街地化していない。丘陵地は等高線の中に身をおけるので簡単だろう。 


 スタートは砧浄水場のそば。いろいろ考えて結局北部の台地から反時計回りに回って、登戸で多摩川を渡り、多摩丘陵を下って溝口で戻ってくるとい うラフなプランを立てた。前半、武蔵野台地に開析された谷をあがってしまうと、地形のない台地が広がる。ここではかなり苦労した。ポイントは「古 い環八?」というコメントがあり、一所懸命今の環八の周囲を探してしまった。やっぱり歩測と丁寧なコンパスワークが必要なのだ。その後は台地を流 れる緩やかな谷や氾濫源の用水跡などがCP位置なので、地形が利用できる。微地形を現地で捉えるたびに、つくづく都市の中には地形の記憶が残って いることを感じる。そんな密やかな地形を捉える瞬間はぐっとくる。ナヴィゲーションで敏感になっているからこその快感だ。


 目で見えるものだけでなく、見えないものも活用している。高さ5mにも満たない河岸段丘は等高線には現れないが、現地では分かる。これを用水の 流れ方から推測する、暗渠のふたのコンクリート板からその下にある用水の跡を推測する、形状から旧河川の蛇行跡だということを読み取り、現在にも 残る土地利用を推測する。これらはいずれも環境の規則性と、その知識を利用した推論だ。認知心理学ではこうした知識のことをスキーマと呼んでい る。私たちは日常の移動の際にもスキーマを使っているはずなのだが、地図がいい加減だとその利用に意識的にならざるを得ない。


 2回前に「ナチュラル・ナヴィゲーション」という本を紹介したが、ナチュラルな情報を利用するのはなにも自然の中だけではない。そこに環境の規 則性があり、その知識を経験によって身につけていれば、目的のためにどう行動を組織化すべきかを考える時、そこにおのずとナチュラル・ナヴィゲー ションが生まれるのだ。
 やみつきになりそうな遊びである。

コンクリートのふたから、そこが暗渠であり、昔は小川があったと分かる。このお地蔵様も、川の脇に建っていたのだろう。

これが遣った地図で、示したエリアは川崎市の多摩丘陵。昭和初期の1:25000

等高線がある丘陵地は実は簡単である。ここは自然公園になっている関係で、そのままのオリエンテーリング


2月24日、25日はお問合せやお申込みへの返信をお休みさせていただきます。ご了承ください。

NPO法人Map, Navigation and Orienteering Promotion

 オリエンテーリング世界選手権の日本代表経験者、アウトドア関係者らが、アウトドア活動に欠かせない地図・ナヴィゲーション技術の普及、アウトドアの安全のために設立したNPO法人です。

活動をサポートして下さる方を募集しています

2015年3月のシンポジウムのプログラムと村越の発表資料を掲載しております。

初心者に最適なコンパス、マイクロレーサー