お知らせ

イベント情報


今週の村越


2018.7.17

先週は、全国遭難対策協議会の午後の部コーディネーターを務めてきました。この協議会は、毎年警察、消防、日本山岳協会(旧名称)の3者が集まり遭難対策について協議する全国会議でした。旧来、どちらかというと遭難後の対策(つまり救助活動)に重きが置かれていましたが、漸増が続く遭難状況の中、ここ数年未然防止にも力を入れた内容となっています。

 また今年からは、参加者が一方的に聞くのではなく、自ら遭難対策を考える会にしようということで、午後の部は(疑似)ワークショップ形式となり、コーディネーターを仰せつかった次第です。

 各地のエキスパートが参加するだけあって、拙い設定ながら、真摯に討議、発表をしていただきました。(舞台左が筆者)

 

2018.7.8

先週は、日本オリエンテーリング協会主催のナヴィゲーションインストラクター養成講座を行いました。

 山岳遭難の40%を占める道迷い。ナヴィゲーションや読図技術を身につけることは、現地での道迷いだけでなく、ルートの状況に敏感になったり、計画的に山歩きを考える一助にもなります。

2018.5.31

NHKの視点・論点で、「アウトドアを安全に楽しむために」を収録してきました。 おじさんが10分間、原稿を読み上げるだけの地味な番組ですが、基本編集なしなので、普段の主張をかなり分かりやすくまとめることができました。

 10分間でアウトドアのリスクに対応する新たな考え方を紹介しています。放送日は以下のとおりです。

放送日 6/6 ETV13:50~14:00、
再放送6/7 総合3:50~4:00(深夜)...
(突発的なニュースがあると延期されます)。

 

2018.5.13

 今日は、約1年ぶりにオリエンテーリングに参加。北欧かスイスの石灰岩地形を思わせる微地形でのオリエンテーリングを楽しみました。ロゲイニングのようなフィジカルに追い込むレースも挑戦しがいがありますが、数学の難問を解くようなこんなオリエンテーリングも楽しいものです。

 

2018.5.10

 富士山麓ロゲイニングは定員を超える申し込みをいただきました。若干上回るエントリーを受け付けたのですが、それでもキャンセル待ちのチームにはお断りせざるをえない状況でした。多くの方に支持されるイベントに携われることに感謝します。

 今日は佳境のコースの最終調整。朝霧らしいナヴィゲーションを活かしつつ、この地区の歴史・文化も知っておしい、欲張りな野望でコースを決めたいと思います。こうご期待!

2018.5.3

 気付いてみれば、南極より帰国後1ヶ月以上が過ぎました。怒濤の大学新学期もようやく落ち着きましたが、こちらも難局が・・・

 報告会も一段落し、富士山麓ロゲイニングに向けて、着々準備中。

写真:2年前の校長退任の時に「南極の氷で飲んでください」といっていただいたウィスキー。ようやく念願を叶えることができました。

 

 

NPO法人Map, Navigation and Orienteering Promotion

 オリエンテーリング世界選手権の日本代表経験者、アウトドア関係者らが、アウトドア活動に欠かせない地図・ナヴィゲーション技術の普及、アウトドアの安全のために設立したNPO法人です。

活動をサポートして下さる方を募集しています

2015年3月のシンポジウムのプログラムと村越の発表資料を掲載しております。

初心者に最適なコンパス、マイクロレーサー