コラム14 GPSは役立つか

コンパスの解説書を叩いたついでに、アウトドア用GPSも叩いておこう。30年のタイムラグ、アナログ用具とデジタル機器の違いを超え、現在のアウトドア用GPS装置のマニュアルは、往時(そして今もか)のコンパスの説明書が犯した誤りを犯している。

 

「これをつけていれば道に迷わないんだ。」腕時計型GPS受信機であるスントのX9のビデオマニュアルで、登場人物がこのように言う。言葉のあやといえばそれまでである。だが、GPSの仕組みを知らない人がこの言葉を聴けば、GPS受信機さえ持っていれば、山で迷わず行動できると考えてしまうだろう。

 

だが、カーナヴィゲーションと違い、アウトドア用GPSにはそこまでの機能はない。カーナヴィゲーションにそれが可能なのは、詳細な地図とルート検索機能、ルート誘導機能が組み込まれているからである。一方、アウトドア用のGPSでは、現在地を地図上にプロットした後は、ルートを判断したり正しくルートをたどっているかは、人間が判断しなければならない。確かにトラックバックやウェイポイントに向かうナヴィゲーション機能はある。しかしトラックバックは、実際に歩いたルートを戻る場合に限って有効であるし、ウェイポイントへのナヴィゲーションも、ウェイポイントに向けての直進方向と距離を指示するだけで、そこに至る道を示してくれているわけではない。コンパスに直進機能があっても、直進方向に進めなければ意味がないように、GPSがいくら目的地の方向と距離を示してくれても、その方向に進めないのでは意味がない。

 

X9のビデオマニュアルでは、道の分岐で目的地に向かう道を選択する場合、GPSによって示される目的地の方向を頼りにする記述が見られるが、これも迂回的なルートの場合には誤った道を選択する可能性があり、ナヴィゲーション方法としてはかなり信頼性が低い。

 

今回のコラムでは、手元にあったX9のマニュアルの記述を取り上げたが、他のハンディーGPSも似たりよったりである。自由に通行できる荒野ならいざ知らず、日本の山野では、直進によって目的地の方向を示すウェイポイントナヴィゲーションは、限られた有効性しか持たないのだが、その点を明確に示したGPSマニュアルはほとんどない。

 

誤解ないように付け加えれば、私はだからGPSは有用ではないというつもりはない。むしろ限られた用途であっても、GPSにしか達成できない優れた機能があると思っている。それだけに、適切な使用法を提示しないがために、その真価が発揮されないこと、それによってアウトドアの真の安全が確保されない現状は、早急に改善されなければならないと考えている。

 

2月24日、25日はお問合せやお申込みへの返信をお休みさせていただきます。ご了承ください。

NPO法人Map, Navigation and Orienteering Promotion

 オリエンテーリング世界選手権の日本代表経験者、アウトドア関係者らが、アウトドア活動に欠かせない地図・ナヴィゲーション技術の普及、アウトドアの安全のために設立したNPO法人です。

活動をサポートして下さる方を募集しています

2015年3月のシンポジウムのプログラムと村越の発表資料を掲載しております。

初心者に最適なコンパス、マイクロレーサー