コラム34 乗り過ごす

11月の中旬に、枚方市へオリエンテーリングの指導に出かけたことはことは、前回のコラムで紹介した。今回は、現地にいくまでのトラブルの話をしよう。

 

その日東京で19時すぎまで会議をした僕は、19:30過ぎののぞみで京都までやってきた。京都についたのは、9:30ごろだったので、ゆうゆう22時までには、枚方市の駅のすぐそばにとったホテルに着けそうだった。とにかく最近眠らないと不調になるので、その時刻までに着けるのはありがたかった。JR奈良線に乗り、京都の次の東福寺で京阪に乗り換える。東福寺は各駅しか止まらないので、どこかで速い電車に乗り換える必要がある。名前は忘れたが、途中の大きな駅で特急電車の待ち合わせとなった。降りて、路線図を確認すると(図)、特急の線の枚方のところには○がついている。ラッキー、止まるじゃないの。安心して、この電車に乗り込んだ。枚方市までは結構距離があったが、ちと長すぎるんじゃないの、と思っているうちに、見慣れた風景を電車はスピードも落とさず通過し、「次は京橋」だという。はて、枚方市までの間に京橋なんて駅はあったのかしら?路線図を確認すると、それはもう大阪市内じゃないか。

 

そこまで電車は15分くらいノンストップで走る。仕方がないので、京橋から下りの電車に乗って枚方市まで戻ってきた。都合30分以上のロスタイム。確かに確認したはずだが、と思って京橋で電車待ちの間にもう一度路線図を確認した。枚方市の○の中には▲印が書いてあって、端っこの注意書きを見ると、どうも枚方市の特急が止まるのは朝夕だけらしい。

 

なんだよ、ちきしょう。分かりやすい路線図にしろ!と怒ると同時に、コラムのネタが一つできたなと思って、路線図を写真にとり、ホテルに向かった。

 

2月24日、25日はお問合せやお申込みへの返信をお休みさせていただきます。ご了承ください。

NPO法人Map, Navigation and Orienteering Promotion

 オリエンテーリング世界選手権の日本代表経験者、アウトドア関係者らが、アウトドア活動に欠かせない地図・ナヴィゲーション技術の普及、アウトドアの安全のために設立したNPO法人です。

活動をサポートして下さる方を募集しています

2015年3月のシンポジウムのプログラムと村越の発表資料を掲載しております。

初心者に最適なコンパス、マイクロレーサー